TOPへ

味噌の基本の「き」

人にはいまさら聞けない「味噌のおさらい」

赤みそ?白みそ?

色で見分けると

白味噌、淡色味噌、赤味噌の三系統に分かれます。色の濃淡は温度、醸造期間、大豆を煮るか蒸すかで決まります。また醸造中の温度が高いほど、醸造期間が長いほど、空気に触れる機会が多いほど、色が濃くなる傾向があります。

味で分けると

甘さ、辛さの決め手は塩分濃度と麹(こうじ)の割合で決まります。麹菌がアミラーゼを分泌して、穀類のでんぷんを分解し、ブドウ糖に変えるので麹歩合が高い味噌ほどブドウ糖が多くなり、甘味噌のようなほんのりした甘さのもとになります。

杉野みそは

杉野味噌を代表とする「越中みそ」は淡色・辛口系となります。さっぱりとした旨味のある中甘辛系ともいえるでしょうか。
醸造期間は2〜3ヶ月、麹歩合は7〜11、発酵したさわやかな香りです。

味噌の賞味期限「え?あるの?」

種類によって賞味期限は違います。
一般的には麹の割合が高く塩分量も少ない甘口味噌は短め、辛口味噌は長めです。
ただ賞味期限にかかわらず開封したものは早めに使うことが、味噌をおいしく味わうためのコツです。
とはいえ、賞味期限を過ぎたからといって、食べられなくなる事はありません。
杉野味噌では賞味期限を6ヶ月としています。
ただし、弊社では出荷時に一番おいしい状態でお届けしておりますので、風味がそこなわれないうちに早めにお使い下さい。

味噌は生きています。「保存法法」

風味を保つために…保存方法は?
開封前の製品は直射日光を避け涼しいところで保管して下さい。
開封した味噌は空気に触れないように表面をラップなどでぴったりおおいなるべく冷蔵保存して下さい。
袋詰めのものは、密閉容器に移しかえるか、袋の空気を抜き輪ゴムなどで口をしっかり留めておきましょう。
味噌を使うときは水分や他の調味料と混ざらないように注意して下さい。

リンク

もっと味噌のことなら

お醤油なはなしも

ページのトップへ
お問い合せ プライバシーポリシー